布団クリーナーランキング

布団クリーナーランキング【機能重視】

今まで数多くの布団クリーナーを見てきました。
布団クリーナーというジャンルが出来たのは最近の事で、
当初はレイコップに代表される韓国ブランドの製品が中心でした。

 

しかし、2014年に入りようやく日本ブランドも参入し始め、
今や市場規模も桁違いに大きく成長しています。

 

各ブランドがこぞって新製品を出すことで、
選択肢が広がったのは良いですが、
結局どれが一番良い製品なのか?という疑問があると思います。

 

そこで今回は、おすすめ布団クリーナーランキングを作りました。
機能性や使い勝手を重視しましたので、価格面は比重を低くしてあります。

 

シャープ布団クリーナーコロネ

シャープ布団クリーナーコロネ 画像 シャープ布団クリーナーコロネ 画像2出典:www.sharp.co.jp

 

生きたダニを除去できる布団クリーナー

 

他の布団クリーナーは、ダニの死骸やフン、ホコリを取り除く事を重視していますが、
コロネは「生きたダニを除去するにはどうすればいいだろうか?」を考えて作られた製品です

 

生きたダニは、布団の繊維に足を絡めているので、
吸引しただけではなかなか除去できません。

 

しかし、研究を進めていく中で、
「ダニに温風を当てると逃げようとして布団の繊維から足を離す」
という事を突き止めます。

 

そこで”ヒートサイクロン”という独自の機能を開発し、
「温風を吹きかけながら吸引する」という事を可能にしたのです。

 

この機能によって、生きたダニも吸引することが出来て、
さらに温風によって布団の湿気を取る効果もあるので、ダニの繁殖やカビも防ぎます。

 

実際口コミの評価を見ると、「体のかゆみが改善した」「咳が出なくなった」など、
ダニが原因と思われる症状が改善したという声が非常に多く、
ヒートサイクロン機能は、かなり効果的なダニ対策だと思います。

 

また、吸引力や溜まったゴミの捨てやすさ等も満足できるレベルなので1位としました。

 

 

シャープ サイクロンふとん掃除機 シルバー系 EC-HX100-S

 

 

ダイソン布団クリーナー

ダイソン布団クリーナー画像 ダイソン布団クリーナー ハウスダスト除去量
出典:www.dyson.co.jp

 

吸引力で選ぶならコレしかない

 

ダイソン布団クリーナーを2位にした理由はただ一つで、
「吸引力が圧倒的に強いから」です。

 

正直、ダイソン布団クリーナーは布団クリーナーというよりは、
どこでも掃除できる万能ハンディクリーナーです。

 

なので他の布団クリーナーと比べて、吸引力が強いのは当たり前なんですが、
やはりこの吸引力がハウスダストを除去するのにかなり効果的です。

 

上のグラフはハウスダストの除去量の比較です(ダイソン調べ)
他の布団クリーナーより3倍以上ハウスダストを取り除けるようです。

 

吸引力を重視する方や、
部屋中掃除できるコードレス掃除機も欲しいという方はコチラの機種がオススメです。
アタッチメントは同梱されているので、追加で買う必要はありません。

 

ダイソン布団クリーナー 追加ノズル
出典:www.dyson.co.jp

 

 

Dyson V6 Mattress HH08COM(ニッケル/ホワイト・ティール) ダイソン ハンディ&布団クリーナー サイクロン式 掃除機

 

 

Panasonic ふとん掃除機

パナソニック布団クリーナー 画像
出典:panasonic.jp

 

4層フィルター、赤外線センサー付き

 

パナソニックの布団クリーナーはフィルターが4層になっていたり、
赤外線センサーが付いていたりと、ゴミやダニの取り残しや、
吸い取ったゴミやダニを逃さない事を重視した作りになっています。

 

こういったフィルターの部分は案外見過ごされがちですが、
安物のメーカーの商品は大抵粗末な作りになっていたりするので注意が必要です。

 

赤外線センサーは取り残したゴミがあるとランプが光り教えてくれて、
掃除の止め時を知らせてくれるので便利な機能です。
目に見えない小さなゴミを相手にするので、こういった機能は案外便利だったりするんです。

 

こちらの布団クリーナーは、小型ノズルや隙間用ノズルが付属されているので、
部屋中とまではいきませんが、ちょっとした掃除の手助けくらいにはなると思います。

 

価格は他の布団クリーナーよりちょっと安めに設定されていて、
大体14000円前後で購入可能です。

 

Panasonic ふとん掃除機(パックレス) 赤外線センサー搭載 ピンク MC-DF100C-P